夜行バス:東京→福岡、出発時刻と到着時刻の目安

長距離移動の最安値と聞いて真っ先にぱっと出てくるのがバスなのではないでしょうか。

試しに調べてみますと東京大阪間の約500キロをなんと2000円という驚きの低価格が実現されているところもあります。

またこれは特に夜行の場合ですが移動を睡眠に充てるとちょうど良い時間のものも多いのであえてバスという交通手段を選ぶ人もいるそうなのです。

時間的にはやはり新幹線や飛行機の数倍かかったりしますがかかる料金はそれだけお安いです。

メリットデメリットを合わせて検討したいですね。

ランキングなどでよく名前が出てくる高速バス会社についていろいろな評判を調べてみました。

まずVIPライナーは夜行バスが得意分野だそうで車内設備の充実度や独自サービスなどが人気の秘密のようです。

そしてかなり安めの料金設定だというサンシャインツアーですがその他選べるパックツアーやキャンペーンも良いのだとか。

またぱっと目につくピンクのバスが目印のWILLEREXPRESSはバスを選べる上心配りも細やかとのことで評価されているようです。

このように選択肢はたくさんありますが重要な選ぶ基準として安全面へのこだわりも含めて検討するのが良いと思います。

安い夜行バスをはじめて利用するという人はのどの乾燥や足のむくみ、酔いやすい人はその対策の準備もしておきましょう。

飴は乾燥や車酔いだけでなく小腹がすいたときにも役立つので持っていくと便利です。

また事前に乗降場所はしっかり確認しておきましょう。

わかったつもりで間違っているのが一番怖いので地図をきちんと確認し時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

夜間の移動なら寝るということも考えて体をしめつけない服装にし歯ブラシやメイク道具なども忘れず準備しておきましょう。

それから貴重品ケースなどで大事なものは身に着けておくと安心です。

気の合う人たちとの旅行に思いを馳せながら仕事や家事をこなしている方もたくさんいらっしゃると思います。

そのために貯めたお金や獲得した休日は大切に使いたいですよね。

お得に観光するために有効な手段の一つとして移動手段を長距離バスにするということが考えられます。

格安の料金設定が一番の魅力ですがメリットはそれだけではありません。

SAでの休憩中に楽しい出会いがあるかもしれませんし、夜の間に移動もできるので旅行前日に夕方まで仕事をしても翌日の朝ご飯から旅先を味わう!なんてことも可能なのです。

待ちに待った旅行ですし上手にやりくりして満喫したいですね。

町中を走っている路線バスなどには回数券がありそれを利用すると少々お得に乗車できたりするのですがこのシステムはただでさえ格安の高速バスにも存在するのでしょうか。

情報サイトや各会社のホームページをチェックするとやっているところもありました。

仕事や用事などで移動手段として同じ行程をよく利用するという人は手に入れないのはもったいないと思います。

ただ半年などの有効期限があったり6枚などの数枚つづりだったりするので期限内に使いきる算段をたてなくてはいけません。

払い戻しができる場合もあるのでチェックしておきましょう。

高速バスで長距離移動するとなると便意を催したときが不安です。

就寝時間帯に移動するタイプのバスならそれほど困らないかもしれないですが、目的地到着までには大抵数時間あるので一度や二度は必要になってきます。

移動中は決められた回数休憩をとらなくてはならないので何時間も行きたいのを我慢しなくてはならないなんてことはないのでしょうが、体調不良のために腹痛や車酔いになるなどただちに行かなくてはならない状況に陥る可能性もゼロではありません。

それらの不安を解消してくれるのがトイレ付きのバスです。

いざというときのことを考えたらその方が安心ですよね。

ただでさえ乗車料金が安い安い夜行バスですがさらに安くなるような往復料金というのはあるのでしょうか。

サイトなどを調べてみますと同一区間で行き来するというケースではさらに格安で乗車できるようなのです。

その適用にはバスでの出発前に往路と復路どちらの乗車券も予め購入する必要があるそうな。

中には割引をしていない路線もあるとのことなので会社を決める前にサイトや電話などで下調べしておくと良いでしょう。

まあもとから格安の料金設定なので期待しすぎない方が良いかもしれませんね。

長距離をバスはどうしても乗っている時間が長くなります。

それが疲れる要因のひとつとも考えられますがいくつか対策を挙げてみます。

モニターが付いた車両は何もすることがなくてつらいという人向けです。

本は荷物になるし酔うから避けるという人もこのタイプのモニターなら顔や首を下げることがないので見やすいと思います。

それから同じ体勢を続けるのがつらい場合はエアクッションなどで首や腰の位置を調節したり、または大きく座席を倒してゆったり休めるような広めの種類を選んだりするのがおすすめです。

休憩時間の軽いストレッチやマッサージも疲れには効果的です。

安い夜行バスがよく使われる区間として挙げられる一つが東京から大阪間。

時間的には8時間ほどかかりますが料金はわずか数千円です。

この区間で別の移動手段を使うとすると新幹線なら3時間になりますが14500円ほどの金額になります。

また飛行機では1時間強の移動時間になりますが空港までの移動時間と一万円を超える金額がネックでしょうか。

こう考えると時間がかかる一方で金額面ではバスに大きなメリットを感じます。

もちろんだからと言って安ければ良いというわけでもないでしょうし旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。

突然長時間の移動をしなくてはならないような状況になった場合乗りたい当日でも安い夜行バスを利用することはできるのでしょうか?確かめてみますと空席があればその日に予約をして乗ることができるところもあるようです。

夜行などは本数も多く空いている可能性が高いらしいのでこまめに情報をチェックしてみると良いと思います。

人気の路線ならバスタイプなどを選べば見つかりやすいのではないでしょうか。

その日に乗れると言ってもきちんと予約を取っていなければ乗るのは無理ですので忙しくとも事前にとっておきましょう。

夜行バスを利用する際、いつ目的地に着くのかということが、気になる方もいらっしゃると思います。
東京発→福岡着の場合、大体お昼時というのが一般的のようです。
11時から12時にかけて到着予定の便だと、前日の夜、20〜21時に出発します。
もちろん到着時刻は出発時刻によりますので、もう少し早く福岡に入りたいのであれば、夕方に東京を出る便もあるので、それを利用すべきでしょう。
この便ですと前日18時に出発し、9時前にはバスから降りることができます。
どの便も乗車時間は変わらず約15時間ですので、どちらがより楽かということは言えないのですが、乗車中に食事をしない場合、遅めの便だと朝ご飯が遅くなり、早めの便だと晩ご飯を早めに済ませる必要があるかもしれません。

http://www.nighttrainbus-fukuoka-tokyo.com/