ビーグレンインナードライに向いている?

ビーグレンは、インナードライ肌に効果的といわれます。
インナードライ肌の人はTゾーンなどが脂っぽくても、肌の内側が乾燥しています。
水分が不足すると、肌に水分の蒸発を防ごうとする防衛作用が働いて、皮脂を過剰に分泌させてしまうようです。
自分では脂性肌のように思っていたとしても、実はインナードライ肌なのかもしれません。
脂っぽい部分を気にとめるのではなく、乾燥を防ぐ必要があります。
ビーグレンの『モイスチャライジングゲル』には、肌にハリとうるおいを与えてくれる「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」が配合されています。
強力な保湿作用のある二つの成分を、「キューソーム」という独自の浸透技術により肌の深くへと届けます。
こちら