住宅ローン減税で知っておくと得なことってある?

住宅ローン減税制度の中でも知っておくと得なことがいくつかあります。
そのうちの1つが、住宅の買い替えによる譲渡損失の繰越控除制度です。
個人が所有期間5年超え等の一定の居住用財産を譲渡し、新たに一定の居住用財産を取得した場合に、譲渡による損失があるときは、その譲渡損失の金額について、譲渡の年の翌年以後3年の各年分の総所得金額等からの控除を繰り越して認めるものです。
平成19年度の税制改正で、適用期間を3年延長し、平成21年12月31日までとし、適用要件の緩和として譲渡資産にかかる住宅ローン残高のない場合も対象となりました。
この特例は、取得期間5年超えのマイホームを譲渡して損失が発生した人で、一定の要件を満たす場合にその損失を繰り越して他の取得から控除することが認められています。
控除の内容は、居住用財産の買い替えによる譲渡損失について、その年分で損益通算を行い、なお控除しきれない金額を翌年以後3年間の各年分の所得から控除することができます。